外斜視の主な症状とは?その原因や治療法は?

eye

斜視(しゃし)とはある物を見るときに片目は目標を捉えていても、

もう片方の目が内側や外側、上や下に寄ってしまう目の症状のことをいいます。

内側に寄る:内斜視

外側に寄る:外斜視

上側に寄る:上斜視

下側に寄る:下斜視

斜視にも常に斜視になってしまう恒常性斜視と時々斜視に

なってしまう間歇性(かんけつせい)斜視があります。

 

斜視の原因とは?

斜視の原因としては様々な原因が考えられますが、主に

1.目の筋肉や神経異常によるもの
2.遠視によるもの
3.目の病気によるもの
4.脳の病気によるもの
5.全身の病気に伴うもの

などがあります。

原因は複数あるものの斜視の症状になる原因は目の筋肉や神経異常によるものや

遠視によるものが大半を占めます。

 

斜視による生活への影響

斜視の主な症状は、

1.対象物がブレて複数に見える
2.寄ってしまう目では対象物がぼやけて見える
3.寄ってしまう目の視力の低下
4.立体物を捉えにくくなる

が主な症状となります。

斜視の影響で片側の目が弱視になってしまうこともあります。

弱視とは視力が著しく低下してしまい、眼鏡でも矯正が不可能な

状態のことをいいます。

 

若い女性で特に外見的に気にされる方も非常に多く、コンプレックスを

抱えてしまう人も少なくないようです。

大人は空気を読めますが、子どもは不思議な目で見てきたり、

口に出してしまうこともありますからね・・・。

 

斜視の治療法とは?

斜視は放っておいて自然に治ることはほとんど無いと言われています。

そのため、斜視を治すには手術や訓練が必要となります。

 

手術の内容としては、目を動かす筋肉の矯正が主な手術内容になります。

手術後は真ん中寄りに戻っていても時間が経つと再び斜視の方に寄っていって

しまう事例も少なくないようです。

 

平均的に手術費用としては10万前後(保険あり)のようです。

また、アイパッチを使用して目が寄っていかないようにトレーニングすることも

有効な場合もあります。

手術を受けるにしてもトレーニングをするにしても、まずは大きめの病院で

斜視外来に受診するようにしましょう。

 

子どもや赤ちゃんの斜視

a0006_001959まだ産まれたばかりの赤ちゃんは目の筋肉が発達していないため、目の位置が安定していないことはよくあります。

生後数カ月もすれば物を目で追えるようになり、

安定してきます。

 

生後半年以内ぐらいまでに大きく内に寄る斜視(乳児内斜視)が発生することもあります。この場合は手術が必要なので病院へ連れていきましょう。

 

また、乳児は偽内斜視という斜視ではないのに斜視に見えることもあります。

この場合は手術の必要はありません

 

物を立体視したり、遠近感を掴んだりする見方は子どものうちに大きく発達

していきます。

斜視に気付いたり、怪しい感じがするときは早めに病院で検査を受けましょう

a0780_000049

 

コメントを残す