口コミで話題の傘「シンカテール」とは?

sinkateru01

テレビや雑誌で取り上げられ、今話題の傘「シンカテール」とは、

どのような傘なのでしょう?

 

 

その正体とはホワイトローズという会社が作りだした

究極のビニール傘です。

 

 

あえて穴を開け、空気抵抗を逃がす構造になっていて、

風速30mまで耐えられる強度になっているようです。

風速30メートルとはどのくらいかというと、樹木が倒れるような

強烈な台風が風速30mぐらいです。

 

 

耐久力は相当すごいですね^^;

風速30mもあったら余程の用事が無い限りは外に出るべきでは

ないですが。色々な飛来物があるため危険です。

下手したら傘が壊れなくても人が飛ばされます・・。

 

 

まあ、普通のビニール傘なんて簡単に骨が折れて、傘がひっくり返るイメージが

強いですからね。

通常のビニール傘は風速10m付近で折れます。逆風になるといとも

簡単に花開いてしまいますね^^;

 

嵐の後にはこんな風に折れて捨てられてる悲惨なビニール傘は

よく見かけますよね^^;

(こんな捨て方はしないようにしましょう)

kasa

私も今までの人生で大量のビニール傘達がこのような

強風の餌食になってきましたね・・・。

 

 

今では選挙や歌舞伎、皇室の方々まで、このシンカテールを

利用しているらしいです。

透明なビニール傘は傘越しにも周りが見えるのが重宝される

理由なんだとか。

 

ビニール傘にしては価格がちょっとお高いのが玉にキズですが、

コンビニ等で売っている通常のビニール傘は約1本400円とすると、

通常ビニール傘が13本以上折れると元が取れる計算になりますね^^;

 

これを得とするか、損とするかは微妙な感じですが・・・。

 

 

仮にシンカテールを買ったとしても、いつものビニール傘感覚で

扱うと、どこかに忘れてきたり、コンビニやスーパーの傘立てから

消えたりしてしまいそうで恐いですね。

このような経験ありますよね?

 

ビニール傘=安物となっている潜在意識を直さないと

いつの間にか紛失してしまいそうです。

シンカテールを買う人はビニール傘=高級と意識を

書き換えておきましょう。
sinkateru01究極のビニール傘「シンカテール」

 

 

 

 

コメントを残す