終戦記念日とは?靖国神社との関係性は?

CA380034

お盆ど真ん中の8月15日に終戦記念日という記念日が

あります。

お盆期間中なので国民の祝日ではないですが。

そもそも終戦記念日って戦争が終わった日なのは

わかるけど、どんな戦争のときの記念日なのでしょう?

 

終戦記念日の由来

終戦記念日とは昭和20年(1945)8月15日に第二次世界大戦(太平洋戦争)

終戦したことを記念する日として制定されました。

昭和57年(1982)に

「戦没者を追悼し平和を祈念する日」

とすることが閣議決定されています。

 

ここだけ見ると大きな戦争が終結した記念日に見えますが、

歴史上ではアメリカ、イギリス、中国らが、ポツダム宣言という

日本の全面降伏を要求する宣言を日本が受諾した日になります。

 

この数日前の8月6日には広島に原爆が投下され、

8月9日には長崎に原爆が投下されています。

この出来事は日本に大きく傷跡を残しています。

 

広島と長崎にはこの傷みを忘れないためにも

原爆資料館やが建てられており当時の凄惨な状況を今に残しています。

広島には当時の傷跡が残る原爆ドームがあります。

genbakudome

数少ない被爆国として、この出来事は忘れてはいけない出来事です。

核兵器の恐ろしさは後世にも伝えていく必要があります。

 

靖国神社と終戦記念日の関係性

靖国神社に関する問題を調べると、なかなか理解しづらい内容を

よく目にします。

 

  • そもそも終戦記念日とどういう関係があるのか?
  • なんで総理大臣が靖国神社を参拝すると問題になるのか?

 

を掻い摘んで解説します。

 

靖国神社と靖国問題

CA380034

靖国神社は元々は戦没者を祀るために建てられた国家の神社です。

しかし、実際には戦没者以外にA級戦犯と呼ばれた人たちも靖国神社に

祀られてしまいました。

 

A級戦犯とはつまり「戦争犯罪人」のことで、当時の日本の戦争の指導者が該当します。

日本は戦争中に中国や韓国をはじめとしたアジア諸国に対して武力による

弾圧や虐殺などの行いをしたため、戦争の指導者には重い責任がある。

 

ということから、A級戦犯として東京裁判で裁かれ、死刑になってしまいます。

中国や韓国からすると、

 

「戦争のA級戦犯の人達が祀られているのに、靖国神社を現在の

日本のリーダーである総理大臣が参拝するのはおかしいだろ!」

 

と国際問題になってしまうわけです。

これについては国内外から賛否両論の意見がありますね。

 

「日本のために命を懸けて戦った人たちが祀られているのだから

総理大臣が敬意を表して参拝するのは問題ない!」

 

という意見もあれば、

 

「日本のトップの人間が周りの国のことを考えずに靖国神社を

参拝するのは軽率だ!」

 

という意見もあります。

人それぞれの思想もあるため非常にデリケートな問題です。

他国の内政干渉だ!という意見もあります。

 

政教分離の原則

憲法的には政教分離の原則に反している!という意見もあります。

政教分離とは

国が特定の宗教を優遇してはいけない

という原則です。

 

総理大臣が靖国神社を参拝することによって、

神道・靖国神社という宗教を優遇してるのでは?

と、みられることが憲法上問題となっています。

 

最後に

個人的な意見も多少混じっていますが、終戦記念日と靖国神社は

大まかにこのような関係があります。

終戦記念日に靖国神社を参拝している人も多いですが、

 

それがどういうことかよく考えた上で行動に移すようにしてみては

どうでしょうか。

 

 

コメントを残す