大人もうつる!?手足口病の症状とは?効果的な予防方法は?

WS0059

手足口病とは夏に流行する、5歳ぐらいまでの子どもが

中心に発病する病気です。

じゃあ大人はうつらないんだ!と思われがちですが、

大人でもうつることがあるので、症状や予防方法を

しっかりと確認しておきましょう。

手足口病の症状とは?

大人が手足口病に感染したときには以下のような症状が

発生します。

[icon image=”point3-1-b”]手足口病の初期症状

発熱、喉の傷み

[icon image=”point3-2-b”]手足口病の中期症状

口内や手足に数ミリ程度の水膨れのような「できもの」が発生

 

発熱は高い場合で40度あたりのインフルエンザのような高熱になる場合も

あります。個人差はありますが平熱に比べて微熱レベルからそれ以上の

発熱になりやすいです。

 

中期になると口内や手足に小さな水膨れのようなできものができてきます。

口内の場合は口内炎がたくさんできてしまうこともあり、飲食に大きな

影響を与えることもあります。

 

手足口病の原因とは?

元々手足口病は小さなこどもが感染する病気です。

大人は基本的には感染しないのですが、小さなこどもがいる場合に

感染することがあります。

その原因とは

  • こどもからの感染
  • こどもの排泄物からの感染

です。

こどもが手足口病に感染していしまい、一緒に住んでいる親に感染することが

あります。手足口病はウイルス性の病気のため、咳やくしゃみからの口内感染

大半を占めます。

それ以外には、こどもの排便に接触した手からの感染があります。

こどもの排泄物を処理する際に手に付いてしまったウイルスからの

感染となります。

こどもの排泄物の処理後はしっかりと石鹸で手を洗うことを忘れないように

しましょう。

小さなこどものいる家庭では慣れてくると排泄物の処理後に

直接手に付いてないから大丈夫でしょ」と手を洗うのを省略してしまいがちですね^^;

 

手足口病の予防方法や治療方法とは?

019977大人が手足口病に感染しないように

予防するには、

手洗い、うがい

を習慣化することが大切です。

 

 

風邪の予防でも手洗い、うがいは大切ですし、面倒と思うときでも習慣化するように

しておけば、手足口病だけじゃなく、風邪の予防にもなりますよね。

 

手足口病の潜伏期間は2~5日間と言われています。

仮に感染したとしても1週間~10日間程度で回復することがほとんどです。

それでも症状があまりにひどい場合は早めに病院での診察や治療を

受けるようにしましょう。

 

実際に病院に行ったとしても効果的な治療法があるわけではなく、

痒みを抑える薬や口内炎の炎症を抑える薬が処方されることがほとんどです。

そのため、病院に行ったとしても基本的には自然回復までの期間をしのぐ対応になります。

 

大人の場合は、仕事もありますし、このような痒みを発症する病気の場合は

仕事に集中できなくなりますよね。

まずは感染しないように手洗い、うがいを忘れずにしっかりとするようにし、

感染する確率を可能な限り減らすことが先決ですね。

 

コメントを残す