熱中症予防対策とは?猛暑の夏を乗り切るためのポイント

WS0058

夏本番にさしかかり、子どもから高齢者まで多くの方が

毎日のように熱中症で病院に運ばれています。

大切な人が熱中症にならないように熱中症予防対策を

しっかりと認識しておきましょう。

熱中症の症状を知る!

熱中症予防対策も重要ですが、まずは熱中症の症状を

知ることが大切です。

主な初期症状としては以下のような症状が挙げられます。

  • めまい
  • 大量の発汗
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 倦怠感

これらの症状が確認できるときは、熱中症の疑いが強いです。

そのままにしておくと、症状が悪化する恐れもあるため

適切な処置をとりましょう。

 

熱中症対策

熱中症の初期症状が確認されたときは以下のような対策が

効果的なので、まずは応急処置として行ってみてください。

それでも症状が一向に回復しないときは早いうちに

病院で診察を受けるようにしましょう。

 

せっかくの夏ですし、早いうちに体調を治したいですよね。

  • 脇の下、太ももの付け根、首の側面(頚動脈のあたり)を冷やす
  • 涼しい場所へ移動し、休息をとる
  • 嘔吐の症状が無い場合は水分を取る

まずは熱くなった身体を冷やすことが効果的ですね。

コンビニ等で氷が手に入るので冷やすようにしてみましょう。

直射日光の浴びすぎは熱中症を悪化させるので、日陰や

涼しい建物等へ移動し、身体を休ませてあげてください。

 

熱中症は水分が足りなくなり脱水症状を併発しやすいため、

水分の補給も効果的です。

アルコール類やジュースではなく、「水」を飲むようにしてください

アルコール類やジュースは一時的に水分を補給できるだけで、

少し経つと余計に水分が足りなくなることがあります。

 

熱中症予防

熱中症にならないようにすることが、一番の熱中症対策です。

熱中症予防で最も効果的なのが「水分の補給」です。

 

熱中症対策で挙げたように水分を補給する際は

「水」にしましょう。

喉が乾ききったときに飲むのではなく、マメに水分を補給することが

効果的です。

 

また、日差しが強いときは帽子を被るようにして、直接日光を浴びないように

しましょう。日本人は黒髪が多いので余計に影響が強くなりやすいです。

小さな子どもなら必ず帽子は着用させてあげてください。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏は海やキャンプにお祭り等、楽しいイベントが盛りだくさんです。

熱中症で倒れて嫌な思い出にならないように事前にしっかりと

対策をとって、楽しい夏を過ごしたいですね^^

 

 

 

コメントを残す